日本DIY協会が主宰する資格

日本DIY協会が主宰する資格

日本DIY協会が主宰する資格

DIYとは『Do It Yourself』の略で、自分自身で様々なものを作ることを言います。

犬小屋を作ったり、家の中をリフォームしたり、棚を直したり。

日曜大工よりも広い意味ですが、同じように使われています。

やってみると意外と没頭できて、一つの趣味としても確立されているのです。



近所のホームセンターに行くと、DIYで使うような部品が数多く並んでいます。

『こんなものも売っているんだ?』というようなものから、『これは何に使うんだろう?』というようなものまであります。

DIYをやっていると、ホームセンターなんて宝の山のように思えて、楽しくて仕方がありません。

ただ、それだけあると自分が作りたいものを作る際、何をどうしたらいいのか、どの部品が合うのかわからない、なんてこともあるでしょう。

そんなとき、ホームセンターの店員に『DIYアドバイザー』の資格を持っている人がいれば、聞いてみましょう。

すると疑問だったり悩みを見事に解決してくれて、さらに改良点などを示してくれることもあります。

DIYアドバイザーとは、DIYを指導したり相談に乗ったりすることのできる人の資格です。

日本DIY協会が主宰する資格で、DIYが広まっていく中で、的確に指導などができる人を育てるために作られました。

その資格は簡単ではありませんが、勉強をすればその知識は十分に自らのDIYに役に立つでしょう。

家の中のものなら何でも作ったり、修理したりができないとその資格も取得できないのですから。

DIYが好きなら、ぜひともアドバイザーの資格を目指しましょう。

そして周りに、DIYの輪を広げていくのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional