写真を極めてフォトマスター

写真を極めてフォトマスター

写真を極めてフォトマスター

写真を趣味でやっている人は多くいます。

気にいったカメラを構えて、風景や人物など、好きなモチーフを写す。

最初はそれだけで満足できるでしょう。

しかし、写真をやっていくと、その奥の深さに気付いてきます。



自分の目で見ていたものをカメラに納めようとしても、どうも思い通りに写らない。

こう撮りたいというイメージは頭にあるのに、どうしたらいいのかわからない。

そんな壁にぶつかると思います。

写真というのは、ある程度の知識が必要になるのです。

高性能のカメラでも、それを活かせなければ意味がありません。

ピントを合わせたり、露出を調整したり、光の明るさや色の彩度など、こだわりだすときりがありません。

ただ、それだけの技術や知識を身につければ、撮れる写真の幅は大きく広がります。

思い通りの写真が撮れるようになってくるでしょう。

また、自分の思い描くものの幅も広がるはずです。

写真の資格で ⇒ フォトマスターという検定があります。

写真の知識を問うもので、ある程度勉強したのであれば、受けてみましょう。

また、この資格を通じて勉強してみてもいいかもしれません。

4階級あり、ステップアップしていけば、それだけ写真の知識も身についていきます。

写真というのは、最終的にはセンスや芸術性が必要となってきます。

しかし、いくらセンスがあっても、それを上手く写せなければ台無しになってしまいます。

せっかくのものがもったいないですよね。

フォトマスターの資格を取得して、思い通りの写真を撮りましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional