ヒップホップダンスの資格

ヒップホップダンスの資格

ヒップホップダンスの資格

2012年度から、中学校でダンスが必修化されました。

それにともなってヒップホップのダンスを教える資格が誕生したのです。

ダンスはリズム感を養うのにはもってこいです。

さらに体全体を使うので、運動神経も鍛えられます。



体の動かし方が若いうちに身につくので、そのような理由から必修化されたのでしょう。

必修化したものの教えられる人がいないということで、この資格『ヒップホップダンス基本技能指導士』が設けられたのです。

確かに、学校の先生ではあまり指導できるように思えません。

体育の授業とは言え、体育の先生もダンスができるような先生はそれほどいないでしょう。

中学校で指導するのにこの資格は必須ではないのですが、指導者を養うためにこの資格が作られたのです。

ヒップホップダンスをやっている人は多くいます。

街中で夜な夜な練習している人の姿も見かけます。

人に教えることと自分がやることは違いますが、教えることで見えてくることもあります。

それにそれだけ多くの人がヒップホップをするのですから、その中から世界に通用するぐらいの有望な若者が出ることだってあるでしょう。

そのような若者を育てるというのも、一つの醍醐味ではないでしょうか?

ヒップホップをやっているのであれば、指導士の資格をとって中学生に教えるもの面白いでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional