コーヒーに関する資格

コーヒーに関する資格

コーヒーに関する資格

大人になると、コーヒーを飲む機会が多くなります。

朝の目覚めのコーヒー、仕事前、食後、仕事の打ち合わせ、息抜き。

学生の頃よりも飲む機会が増えたりします。

会社の給湯室でインスタントコーヒーを注いでいる光景はよく見ます。



飲んでいるうちに、コーヒーに対してこだわりが出てきます。

インスタントでもいいけれど、どうせ飲むのなら良いコーヒーが飲みたい。

豆にもこだわって、美味しいコーヒー、自分の好みのコーヒーを見つけたい。

そうしてコーヒーの魅力に惹かれていくのです。

コーヒーは豆の産地や種類も多くあり、その挽き方や煎り方でも味は変わってきます。

その世界は奥の深いものなのです。

そんなコーヒーにも資格があります。

全日本コーヒー商工組合連合会が認定している ⇒ コーヒーインストラクターコーヒー鑑定士の資格です。

インストラクターの資格を取り、その後に鑑定士へとステップアップしていきます。

コーヒーの知識や、販売に必要な技術などが身に付きます。

広い知識が身に付くので、カフェを開きたい方などにちょうどいいかもしれません。

通信教育の大手、日本創芸学院の ⇒ コーヒーコーディネーターという資格もあります。

この資格もカフェなどを開業するのに役立ちますが、コーヒーを入れる技術が主になりますので、開業などの予定がなくても取得する人が多くいます。

テキストやDVDが送られてくるので、いつでも都合の良い時間に学ぶことができるのも魅力でしょう。

美味しいコーヒーを入れるには、知識と技術が必要です。

資格を取得して、それらを身につけましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional